ここから本文です

マンUは週給3900万円のルーニーを査定!? クラブ関係者「今後18ヶ月は契約を延長しない」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月17日(水)19時10分配信

今季はあまりにも重要なシーズンに

名門マンチェスター・ユナイテッドでキャプテンを務めるイングランド代表FWウェイン・ルーニーにとっての今季は、多くを求められるものとなるだろう。

2004年に同じプレミアリーグのエヴァートンから鳴り物入りでユナイテッドへ加入したルーニーは、クリスティアーノ・ロナウドやライアン・ギグスといった豪華な面々と共に世界最強の攻撃ユニットを形成。その中でも人一倍献身的なプレイを披露していたイングランド代表アタッカーは、長きに渡って同クラブのシンボルとして君臨し続けている。だが、そんなルーニーとユナイテッドによる蜜月の日々にも徐々に陰りが見え始めた。英紙『THE Sun』は週給30万ポンド(約3900万円に相当)もの大金を受け取りながら、年々存在感が薄まっているルーニーに対し、ユナイテッドが新契約を提示するのに躊躇していると指摘。2019年夏に同クラブとの契約が満了を迎えるキャプテンだが、ユナイテッドの関係者とされる人物は次のように話している。

「ルーニーはマンチェスター・ユナイテッドでキャリアを終える準備をしている。彼の現行契約は2019年の夏に満了するが、その後のことはまだ何も話し合われていない。クラブは少なくとも今後16~18ヶ月以内にルーニーとの契約を延長することはないだろう」

つまり彼は今後1年以上にわたって、週に3900万円を支払う価値のある選手かどうかを“査定”されることになる。世界有数の名門で12年間を過ごしたルーニー。13年目を快く迎えるには、これまで以上の奮闘が必要となりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月17日(水)19時10分

theWORLD(ザ・ワールド)