ここから本文です

子どもたちと芸術家が創作活動 横浜、にぎわう交流拠点

カナロコ by 神奈川新聞 8月17日(水)6時33分配信

 子どもたちとアーティストが工作や絵画といった創作活動に取り組む交流拠点「黄金町BASE(ベース)」が、横浜市中区黄金町1丁目に完成し、夏休み中の小学生たちでにぎわっている。

 4日にオープンしたベースは、子どもたちの居場所を提供し、ものを作る楽しさを知ってもらおうと、立体造形作品を手掛けるアーティストの山田裕介さん(32)と杉山孝貴さん(34)らが開設。空き物件を改装し、1階(約10平方メートル)に工具や絵の具、作品制作で生じた廃材などを用意した。2人は児童らと作品のアイデアを練ったり、作り方をアドバイスしたりしながら、家具やオブジェなどを生み出している。

 椅子とテーブルを作った市立東小学校2年の児童(8)は「ものづくりが好きなのでこれからも通いたい」と笑顔をみせた。

 利用は無料で、木、金、土曜の午後1時~5時。来年3月には子どもの作品展開催を予定している。

最終更新:8月17日(水)6時33分

カナロコ by 神奈川新聞