ここから本文です

F1新規則でドライバーの序列も変わる? ベッテルに有利、ペレスに不利との説

オートスポーツweb 8月17日(水)7時49分配信

 2017年F1テクニカルレギュレーションの変更により、ドライバーに求められる能力が変わり、それが有利に働く場合と不利に働く場合があるという予想がなされている。

2016年第12戦ドイツGP セバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネン(フェラーリ)

 
 来季は今より5秒速いマシンを実現すべく規則が変更され、ワイドなウイングとタイヤが導入される。こういったマシンの変更に伴い、ドライバーは今とは異なる走りをしなければならないと、現在Sky SportsでF1解説者を務めるアンソニー・デイビッドソンは考えている。
 
「今、優れたパフォーマンスを見せているドライバーと、そうでもないドライバーのそれぞれの状況が変わることになると思う。(来年のマシンは)ドライバーにとって今年とは全く別物になり、今とは異なる資質が必要となるだろう」
 
 メカニカルグリップ向上に伴い、今よりも力を発揮するドライバーもあり、その逆のケースもあり得ると、デイビッドソンは言う。
 
「たとえばセルジオ・ペレスを例に挙げて考えてみよう。彼はマシンがスライドする状態でタイヤをうまくマネージするのが得意だ。滑りやすいコンディションでのロングスティントでタイヤをいい状態に保つことに長けているのだ」
 
「だが来年はそういったアドバンテージが完全になくなるかもしれない」 
 
「レースの最初から最後まで、必要なだけタイヤに頼ることができるだろう。タイヤの摩耗やマシンのスライドについて気に掛ける必要がなくなるのだ。グリップよりもパワーのことを考えなければならないだろう。それによってすべてのことが覆される可能性がある」
 
「次に、セバスチャン・ベッテルを例に挙げよう。2011年に彼は大きく成長した。ベッテルはコーナーのエイペックスに達する前から加速していくような走りをする。来年はより幅広いタイヤを装着し、ダウンフォースが増し、グリップが向上する。彼のようなドライバーは、今の状況よりもさらにタイムを見つけやすくなるかもしれない」

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月17日(水)7時54分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。