ここから本文です

ハース「既存チームを買収した方がメリットは大きかった」と認める

オートスポーツweb 8月17日(水)9時29分配信

 今年F1にデビューしたハースF1チームの創設者、ジーン・ハースが、一からチームを作り上げるよりも、既存チームを買収する形で活動をスタートした方がメリットが大きかったと認めた。

英AUTOSPORTが作成したF1各チームへの2016年分配金詳細

 
 アメリカチームのハースF1は、イギリスの元マルシャのファクトリーをヨーロッパの拠点として利用しながら戦っている。参戦チーム自体がデザインしなければならないパーツの種類を減らす規則を活用、フェラーリと技術提携して参戦したハースF1は、デビュー戦を含む4回入賞を果たし、現在ランキング8位に位置している。
 
 しかしジーン・ハース氏は、F1参戦を考えた際にバーニー・エクレストンから勧められたように、既存チームのエントリーを買収した方が経済的メリットは大きかったと認めた。
 
「バーニーは、『既存チームを買収すればいいではないか』と常に言っていた。確かにその考え方の方がよかったのだろう。当時10チームしかなかったので、経済的な面で考えれば、ずっとメリットが大きかった」とハースは語った。
 
「バーニーは正しかったと思う。トップ10チームになればたくさんのメリットがあるからだ」
 
 F1チームへの分配金には、過去3年中2回の順位に基づく“コラム1”、前年度のランキングトップ10に基づく“コラム2”の支払いが含まれる。
 つまり、エクレストンの強い助言に従って既存チームを買収していれば、ある程度の分配金を受け取ることができたというわけだ。
 
「分配金だけでなく、輸送費、航空券も提供される。チームとしての地位が確立していると、経済的に大きな助けが得られるのだ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月17日(水)9時35分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。