ここから本文です

【KNOTFEST JAPAN 2016】前回出演者の楽曲も収録したコンピアルバム発売決定

Billboard Japan 8月17日(水)12時5分配信

 2016年11月5日・6日の二日間に渡って行われる、スリップノット主催の音楽フェス【KNOTFEST JAPAN 2016】の開催を記念し、国内外の第一線で活躍するアーティストの楽曲を収めたコンピレーション・アルバムのリリースが決定した。

 本作には、今年の出演アーティストだけでなく、前回の【KNOTFEST JAPAN 2014】に出演したアーティストの楽曲も収録される。同フェスに参戦するファンは勿論、近年のラウドロックに興味のあるファンにとっては教科書とも言える内容となっている。なお、詳しいトラックリストは後日発表とのこと。

◎リリース情報
【KNOTFEST JAPAN 2016】開催記念盤
『ノットフェス・ジャパン2016』
2016/9/28(水)Release
WPCR-17448 / 2,315円(tax out.)
※解説・歌詞・対訳付
<収録曲>
スリップノット 「サイコソシアル」
トリヴィアム 「イン・ウェイヴズ」
ディスターブド 「ザ・ライト」
イシューズ 「ブルー・ウォール」
ブリング・ミー・ザ・ホライズン 「ゴー・トゥー・ヘル、フォー・ヘヴンズ・セイク」
MAN WITH A MISSION 「When My Devil Rises(ENG ver.)」
Crossfaith 「Xeno」
coldrain 「No Escape」
SiM 「WHO’S NEXT」
Crystal Lake 「New Romancer」
他全16曲収録予定
収録曲、曲順は後日発表

◎公演情報
【KNOTFEST JAPAN 2016】
11月5・6日(土・日)
幕張メッセ 国際展示場9~11ホール
Open 10:00 / start 12:00

最終更新:8月17日(水)12時5分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。