ここから本文です

宮沢りえ、舞台共演の荒川良々らとうなぎ「走り続ける仲間は宝」

クランクイン! 8月17日(水)7時0分配信

 女優の宮沢りえが、出演中の舞台『ビニールの城』の待ち時間の様子をインスタグラムで公開。共演者たちと鰻を食べて舞台にまい進する様子を「マチソワ(昼夜公演)の間。みんなで鰻食べたりしてます。同じ方向に向かって走り続けてる仲間は。宝だぁ」と報告している。

【関連】「宮沢りえ」フォトギャラリー


 『ビニールの城』は、今年5月に80歳で永眠した蜷川幸雄さんの追悼公演。生身の人間と関わらず人形しか愛せない腹話術師(森田剛)と、ビニールの向こう側からその男を求め続けている女・モモ(宮沢りえ)。そしてモモへの愛ゆえに、腹話術の人形に自身を投影させる男・ター(荒川良々)の物語を描く。

 ツイッターの写真には荒川、江口のりこ、金守珍が一緒に写っており、熱い想いを持って舞台に一丸となって挑んでいる様子が伺える。ファンからは、「昨日観劇いたしました。とても素晴らしくて感動しました!」「観劇いたしました、声が素敵、立ち姿はもっと素敵」「ラストシーンのりえちゃんが美しすぎて泣いてしまいました」など観劇後の感想が多数寄せられている。

 舞台『ビニールの城』はBunkamura シアターコクーンにて8月29日まで上演。

最終更新:8月17日(水)7時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。