ここから本文です

『バイオハザード』最後の激闘に挑む美しい3戦士…待望の場面写真が遂に解禁

クランクイン! 8月17日(水)10時0分配信

 ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の人気SFアクション『バイオハザード』シリーズの最終章『バイオハザード:ザ・ファイナル』から、ミラ演じる主人公アリスが繰り広げる、最後の激闘の一部を捉えた場面写真が解禁となった。

【関連】「ミラ・ジョヴォヴィッチ」フォトギャラリー


 解禁となった場面写真では、ジャケットの左肩部分が破け、右のほほに傷を負ったアリスが荒廃した街にたたずむ姿に加えて、本作でカムバックを果たすアリ・ラーター演じる人気キャラクターのクレア・レッドフィールド、そしてまだ役どころは明かされていないものの、物語で重要な役どころを担うルビー・ローズ扮するキャラクターの間で、上半身を露わにしているアリスの姿が確認できる。

 『バイオハザード』は、日本発の同名ゲームの実写化作品。シリーズは、ミラ演じる美しきヒロイン・アリスと、世界を“アンデッド”化した元凶である宿敵アンブレラ社との戦いを描き、世界中で大ヒットを記録してきた。その最終章である『バイオハザード:ザ・ファイナル』では、アンデッドに立ち向かう人類最後の希望となったアリスが、すべての悪夢が始まったラクーンシティの地下研究施設ハイブに戻り、巨大企業アンブレラ社との最後の戦いに挑む。

 監督を務めるのは、シリーズすべての製作と脚本に携わり、2作目3作目以外でメガホンを取ってきたポール・W・S・アンダーソンだ。ミラ、アリ、ルビー以外のキャストには、“キューバのブラピ”と称されるイケメン俳優ウィリアム・レヴィ、そして日本で人気のモデル、ローラが女戦士コバルト役で出演し、ハリウッドデビューを果たしている。映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』は12月23日に日本公開。

最終更新:8月17日(水)10時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。