ここから本文です

園子温監督の初ロマンポルノ作品、元AKB研究生の女優・冨手麻妙が初主演

クランクイン! 8/17(水) 13:40配信

 園子温監督がロマンポルノに挑んだ新作映画タイトルが『アンチポルノ』に決定、女優・冨手麻妙が初主演を務めることが発表された。また同映画が9月7日にフランスで開催の『第22回エトランジェ映画祭コンペティション部門』と10月6日よりスペインで開催の『第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭コンペティション部門』へ正式招待されることも併せて発表された。

【関連】『アンチポルノ』フォトギャラリー


 本作は、生誕45周年を記念したロマンポルノリブートプロジェクトの一環で製作された作品で、28年ぶりに完全オリジナルの新作を公開するという企画にて作られた作品。園子温監督のほか、塩田明彦監督、白石和彌監督、中田秀夫監督、行定勲監督ら第一線で活躍する監督が揃って参加することから、すでに注目が集まっている。

 今回主演を務めた冨手は、2009年AKB48の第8期研究生オーディションに合格し活動していたが、女優を目指すため退き、現在は俳優として活動中。『新宿スワン』『リアル鬼ごっこ』『みんな!エスパーだよ!』と、昨年公開された園作品のほぼ全てに出演、園監督から厚い信頼を得ている。冨手は本作が長編映画として単独の初主演となっており、初ヌードも披露している。

 「“園子温監督映画で主演を演じる!”というのが私の目標でした」と語る冨手は、今回のヌード披露に対して「女優として生きていくには、自分のことを全部ハダカにしないといけないし、そういう意味でも丸裸になってスタートラインに立てた気がします」とポジティブな印象を語る。

 一方、立て続けに冨手を起用している園監督は「女優としての才能が開花していく様に常に着目してきました。個性的な魅力、豊な肉体、そして並外れた演技力を持つ彼女を晴れて主演として迎えられたことで、はじめて作品が成立したと言って過言ではありません。彼女以外の主演はありえませんでした」と手放しで賞賛している。

最終更新:8/17(水) 13:40

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]