ここから本文です

<甲子園>嘉手納、最後まで諦めず 「ロータリー打線」意地の6連打

沖縄タイムス 8月17日(水)6時0分配信

 「最後まで諦めず、全力で戦う」。常にそう言い続けてきた嘉手納打線のともしびは、点差が離されても消えなかった。1―13で迎えた八回裏、聖地を味方にしたナインが躍動した。先頭の9番新垣和哉の右前打を皮切りに、6連打で執念の4得点。意地をみせた。

この記事の他の写真・図を見る

 それまで持ち味の攻撃力は沈黙した。一、三回と三塁まで走者を進めたが、併殺や本塁でのタッチアウトで得点はならず。七回まで3安打に抑えられた。初戦で適時打を放った大城堅斗は「スライダーにキレがあり、ボール球に手を出してしまった」。明徳義塾の先発・中野恭聖の低めの変化球にタイミングを外され、凡打に打ち取られた。

 八回裏、打線が息を吹き返した。無死一、二塁から2番仲井間光亮の二塁打で1点を返すと、主将の大石哲汰が左中間を超える2点二塁適時打。さらに「勝つために思いきり振ろう」と5番比嘉花道が甲子園初安打となる右前適時打を放った。しかし、6番古謝巧真の強打が遊直となるなど、後続が続かずに逆転はならなかった。

 大蔵宗元監督は「相手の力が上だった。完敗です」と認める。だが、初戦を思い起こさせる集中打は、アルプススタンドだけでなく内外野席からも応援の手拍子が送られた。2年生の比嘉は「打った瞬間、大声援が聞こえた。来年もここに戻ってくる」と前を向く。 大石は「これまでだったら、絶対に諦めていた。チームとして成長でき、幸せでした」と涙した。同じ地域で生まれ育ち、大舞台に立った選手たち。公立校としての誇りを胸に甲子園を後にした。(我喜屋あかね)

最終更新:8月17日(水)6時0分

沖縄タイムス