ここから本文です

沖縄で熱い格安ステーキ商戦 締めの“一枚”観光客にも広がる

沖縄タイムス 8月17日(水)11時55分配信

 沖縄を代表する飲食店街の那覇市松山周辺で、ステーキ店の出店が相次いでいる。1年半で6店が新たに開業。老舗店舗も合わせ、15店舗以上がしのぎを削っている。全国テレビでの放映をきっかけにお酒を飲んだ帰りにステーキを食べる習慣が地元客だけでなく、観光客にも広がり深夜帯もにぎわっている。200グラムのステーキを千円程度で提供する格安店の参入で、手軽に楽しむ客が増えている。「運転手メシ」のステーキ特集はこちら。

この記事の他の写真・図を見る

 16日午後6時、那覇市松山のやっぱりステーキ2nd。仕事帰りのサラリーマンやOL、外国人観光客でにぎわい、外には行列ができる盛況ぶり。女友達3人で訪れた譜久村聡美さん(40)は「これからダンスの練習、パワーをつけたかった」と笑顔で話した。

 やっぱりステーキは昨年2月、那覇市松山に1号店を開店。200グラムのステーキが千円で食べられ、スープ・サラダ・ご飯のおかわり自由といった割安感がうけ、売り上げは右肩上がりだ。現在、松山を中心に4店舗を展開している。

 店内は1人用のカウンター席を設置。各テーブルにはソース10種が並び、ステーキのお代わりもできる。細やかなサービスが女性に人気で、女性客は全体の4割を占める。

 運営会社のディーズプランニングの義元大蔵代表は「誰でも気軽にステーキを食べられる店をつくりたかった。新たな試みでステーキ業界を盛り上げたい」と意気込む。2年以内に10店舗を展開する計画だ。

 ステーキ人気は松山にとどまらない。同市辻や国際通りなどに店がある1978年開店の老舗、ステーキハウス88の売り上げも好調だ。地元客に加え、最近は観光客も増えている。アジアからの外国人観光客は5年前の10倍に増えた。

 経営している沖縄テクノクリエイト店舗企画管理室の仲里太陽室長は「新規参入店とも切磋琢磨(せっさたくま)して客層を広げたい」とする。(政経部・照屋剛志)

最終更新:8月22日(月)11時10分

沖縄タイムス