ここから本文です

富山第一高が最高賞 全国自作視聴覚教材コンクール

北日本新聞 8/17(水) 0:25配信

 全国自作視聴覚教材コンクールの入賞作が16日発表され、高校部門で富山第一高校自然科学部と放送演劇部が制作した映像作品「イモリの発生IV―生命の神秘 発生―」が最高賞の文部科学大臣賞に選ばれた。

 同コンクールは日本視聴覚教育協会(東京)が、多様化する学習内容に対応できる視聴覚教材制作を推進しようと毎年開いている。全体で106点の応募があり、高校部門は7点が寄せられた。表彰式は9月9日、東京都内で行われる。

北日本新聞社

最終更新:8/17(水) 0:25

北日本新聞

なぜ今? 首相主導の働き方改革