ここから本文です

エース登場前を叩かれ…花咲徳栄、2年連続ベスト8入りはならず

ベースボールキング 8/17(水) 13:25配信

第98回 高校野球選手権大会
花咲徳栄 2 - 6 作新学院
<3回戦 8月17日>


 「第98回 全国高校野球選手権大会」は、大会11日目。今日でベスト8がすべて出揃う。

 第2試合では、注目左腕・高橋昂也(3年)を擁する花咲徳栄(埼玉)が登場。6年連続出場の作新学院(栃木)との関東対決に挑んだが、2-6で敗れた。


 この日は前の2戦で300球近く投げたエースの高橋を温存し、綱脇慧(3年)が先発。初回こそ無失点で切るも、2回につかまる。

 連打でピンチを招くと、2本のタイムリーで3失点。さらにこの日は3番に入った入江大生(3年)に2戦連発となる2ランを浴び、一気に5点を奪われた。

 KOされた鋼脇に代わり、2番手は清水達也(2年)。こちらは2回途中から3回までを1安打、1奪三振で無失点に抑え、1点を返した4回からは満を持して高橋昂也が登場する。

 ここ2戦は立ち上がりで苦しんだ高橋だったが、この日は登板直後から好投を披露。相手に追加点を許さず、チームに流れを呼びこむ。

 すると5回、二死ながら満塁として打席には楠本晃希(3年)。相手エース・今井達也(3年)から2打席連続で安打を放った男に最高の場面で回ってくるが、ここは高めの速球に押されて捕邪飛。絶好のチャンスを逃してしまう。

 それでも8回、その楠本が今井の速球を弾き返す一発。ソロでようやく1点を返し、諦めない姿勢を見せる。ところが直後の裏、高橋が今井にタイムリーを浴びて失点。再び突き放されて万事休す。2-6で敗れ、準々決勝進出はならなかった。


▼ 花咲徳栄・岩井隆
「前半のビッグイニングが重かった。高橋はもう少し後から出したかったが、流れを変えたかったので早めになりました」

BASEBALL KING

最終更新:8/17(水) 13:25

ベースボールキング