ここから本文です

エース・早川が2試合連続完封!木更津総合が初の夏8強

ベースボールキング 8/17(水) 15:45配信

第98回 高校野球選手権大会
木更津総合 2 - 0 広島新庄
<3回戦 8月17日>

 「第98回 全国高校野球選手権大会」は、大会11日目。今日でベスト8がすべて出揃う。

 第3試合では、木更津総合(千葉)が広島新庄(広島)を2-0で下し、夏は初めてのベスト8入り。エース左腕の早川隆久(3年)が2試合連続の完封勝利をマークした。

 唐津商(佐賀)との初戦で2安打、12奪三振の完封勝利を挙げたエースの早川。中3日で迎えたこの甲子園での2試合目も、素晴らしい快投を披露する。


 初回に2番の木戸諒(3年)が「奇跡」と言うライトスタンドへの一発を放ち、好投手・堀瑞輝(3年)から早々に1点を先制。リードをもらった早川は初回からゴロの山を築き、3回まで打者一巡を無四球・無安打のパーフェクト投球。4回に初安打を浴びるも、その走者を捕手からの牽制でアウトにすると、その後四球で出した走者も内野ゴロ併殺で斬り、相手にチャンスすら作らせない。

 味方も堀を前に苦戦を強いられたが、早川はその間も危なげない投球を披露。すると7回、味方が二死二塁と久々のチャンスを作り、7番の井上瑞樹(3年)がしぶとくセンター前へと返して走者が生還。大きな大きな2点目が入った。


 援護を受けた早川は直後の7回にヒットと犠打でこの試合初めて得点圏に走者を背負うも、ここも落ち着いて後続を連続内野ゴロに斬って取り、最大のピンチを切り抜けた。

 9回には先頭を打ち取った当たりの内野安打で出す不運も、まったく動じず続く打者を併殺。結局9回まで3安打、1四球も打者28人で斬り、2試合連続の完封達成。チームをベスト8へと導いた。


▼ 木更津総合・五島卓道監督
「(早川は)前回登板からの3日間を上手に過ごした。初戦では力みも見えたが、今日は慣れてきたように見えた。落ち着いて自分の球を信じて投げていた。(2戦連続無失策の守備に関しては)守備にはちょっと自信があるものですから(笑)」
「(春はベスト8で敗退)ここまで来ると非常にレベルの高い戦い。なかなか打てないとは思うが、守備から食らいついていきたい」

BASEBALL KING

最終更新:8/17(水) 15:45

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]