ここから本文です

7月の首都圏マンション新規発売3,317戸、月間契約率は63.3%、不動産経済研究所

SUUMOジャーナル 8月17日(水)11時11分配信

(株)不動産経済研究所(東京都新宿区)は8月16日、2016年7月度・首都圏と近畿圏の「マンション市場動向」を発表した。
■首都圏
2016年7月の新規発売戸数は3,317戸。対前年同月(4,785戸)比30.7%減、対前月(3,050戸)比8.8%増。地域別発売戸数は東京都区部1,309戸、都下315戸、神奈川県1,102戸、埼玉県266戸、千葉県325戸。東京都のシェアは49.0%だった。

新規発売戸数に対する契約戸数は2,101戸で、月間契約率は63.3%。前月の69.6%に比べて6.3ポイントダウン、前年同月の83.7%に比べて20.4ポイントダウン。地域別契約率は都区部56.5%、都下55.6%、神奈川県75.0%、埼玉県62.0%、千葉県60.0%。

1戸当り平均価格、1平米当り単価は、5,656万円、80.6万円。2016年6月は5,672万円、82.3万円だったので、前月比総額では16万円(0.3%)のダウン、平米単価は1.7万円(2.1%)ダウン。

7月の地域別平均価格、1平米当り分譲単価は、東京都区部6,687万円、100.3万円。都下5,297万円、71.9万円。神奈川県5,024万円、70.3万円。埼玉県5,095万円、70.4万円。千葉県4,454万円、59.4万円。

即日完売は226戸(全体の6.8%)で、フラット35登録物件戸数は3,090戸(同93.2%)だった。

■近畿圏
(調査対象地域=大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県の2府4県)

2016年7月の新規発売戸数は1,414戸。対前年同月(1.258戸)比156戸、12.4%増、対前月(1,517戸)比103戸、6.8%減。地域別発売戸数は大阪市部599戸、大阪府下264戸、神戸市部279戸、兵庫県下132戸、京都市部75戸、京都府下14戸、奈良県46戸、滋賀県5戸、和歌山県での発売はなかった。

新規発売戸数に対する契約戸数は1,055戸で、月間契約率は74.6%。前月の73.3%に比べて1.3ポイントのアップ、前年同月の75.1%に比べて0.5ポイントのダウン。地域別契約率は大阪市部81.8%、大阪府下68.2%、神戸市部78.5%、兵庫県下53.0%、京都市部62.7%、京都府下92.9%、奈良県73.9%、滋賀県40.0%。

1戸当り平均価格、1平米当り単価は、3,841万円、63.4万円。前年同月比は戸当り価格は2カ月連続のアップ。平米単価は13カ月連続のアップ。2016年6月は4,034万円、61.0万円だったので、前月比総額では193万円(4.8%)のダウン、平米単価は2.4万円(3.9%)アップした。

7月の地域別平均価格、1平米当りの分譲単価は、大阪市部3,820万円、66.2万円。大阪府下4,033万円、53.4万円。神戸市部2,521万円、69.7万円。兵庫県下4,886万円、62.2万円。京都市部6,303万円、82.7万円。京都府下3,812万円、51.6万円。奈良県4,143万円、54.0万円。滋賀県2,647万円、36.6万円。

即日完売物件は54戸(全体の3.8%)、フラット35登録物件戸数は831戸(同58.8%)だった。

ニュース情報元:(株)不動産経済研究所 首都圏、近畿圏

ニュースSUUMO

最終更新:8月17日(水)11時11分

SUUMOジャーナル