ここから本文です

開山1300年うちわでPR 白山観光連盟、都内などで配布

北國新聞社 8/17(水) 3:25配信

 白山市観光連盟は、来年の白山開山1300年をPRするうちわを製作した。9月3、4日に東京都文京区で行われる白山上向丘商店街の白山まつりで約1千部配布するほか、18日に開幕する「第29回JAPANTENT-世界留学生交流・いしかわ2016」でも留学生に渡す。

 うちわは幅約20センチで、かばんにも入れやすいミニサイズとなっている。白山山頂付近の翠ケ池や白山比咩神社の神楽を図案に採用し、日本語と英語で紹介文が書かれている。

 文京区には、白山1~5丁目、白山通りといった地名が存在するなど、ゆかりがあり、連盟などが同区でのPR活動を行っている。中村直人事務局長は「節目の年に、多くの人が白山に来てくれることを期待したい」と話した。

北國新聞社

最終更新:8/17(水) 3:25

北國新聞社

なぜ今? 首相主導の働き方改革