ここから本文です

白山登山で厚意、男性の所在判明 金沢の福村さん、本紙報道きっかけ

北國新聞社 8/17(水) 3:25配信

 白山登山の帰り道、見ず知らずの男性に助けられた薬剤師福村繁一さん(77)=金沢市三口新町1丁目=が、本紙報道をきっかけに男性の所在を突き止め、感謝の思いを伝えた。男性は「山の仲間として当然のことをしただけ」と話し、福村さんは夏山で受けた厚意をかみしめている。

 福村さんは7月24日に一人で白山に登った際、熱中症の疑いで思うように歩けず、登山口の別当出合から駐車場のある市ノ瀬に向かう最終バスに乗り損ねた。男性は市ノ瀬から車で引き返し、徒歩で市ノ瀬を目指していた福村さんを乗せて駐車場まで送り、名前を告げず立ち去った。

 8月5日付の本紙朝刊で福村さんが男性に感謝の思いを募らせていることを報じたところ、福村さんの自宅に男性の知人から電話があり、福村さんを助けたのは金沢市内の会社員男性であることを知らされた。

 福村さんは13日に男性の職場を訪れ、最終バスに乗り遅れて途方に暮れていたことを伝えた。男性は「当然のことをしたまで」と控えめだったという。福村さんは「きちんとお礼を言うことができてよかった」と話した。

北國新聞社

最終更新:8/17(水) 3:25

北國新聞社

なぜ今? 首相主導の働き方改革