ここから本文です

富山経済同友会の海外視察団が出発 北欧、ロシアへ

北國新聞社 8月17日(水)3時20分配信

 富山経済同友会は16日、9日間の日程で海外経済視察団を派遣した。デンマーク、フィンランド、ロシアを巡り、バイオ産業クラスターや起業支援の実情に触れるほか、世界遺産を活用した観光振興の取り組みを探る。

 久和進代表幹事が団長、米原蕃代表幹事が副団長を務め、約30人が参加する。医療・製薬関連企業や病院が集積するデンマークのバイオ産業クラスターや、フィンランドでベンチャー企業輩出の中核的な役割を担うアールト大の動向などを調査する。ロシアでは世界遺産「サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群」を視察する。24日に帰国する。

北國新聞社

最終更新:8月17日(水)3時20分

北國新聞社