ここから本文です

アグエロ、PKを2本失敗でも3ゴール…マンCが圧勝、CL出場へ王手

SOCCER KING 8月17日(水)9時26分配信

 チャンピオンズリーグ・グループステージ出場権を懸けたプレーオフのファーストレグが16日に行われ、ステアウア・ブカレスト(ルーマニア)とマンチェスター・Cが対戦した。

 13日に行われたプレミアリーグ第1節でサンダーランドを2-1で破ったマンチェスター・C。中2日で臨むアウェーゲームには、元アルゼンチン代表GKウィリー・カバジェロや新加入のイングランド代表DFジョン・ストーンズ、スペイン代表FWノリート、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロらが名を連ねた。

 マンチェスター・Cは開始8分にPKを獲得。先制の絶好機を得たが、アグエロのシュートは相手GKに阻まれ、こぼれ球に詰めたノリートのプッシュはクロスバーに当たって枠を越えた。それでもマンチェスター・Cは13分、相手の最終ラインでボールを奪ったラヒーム・スターリングが右サイドからのドリブルでペナルティーエリアに入り、鋭い切り返しからラストパス。ファーサイドで待っていたダビド・シルバが左足シュートを決め、先制に成功した。

 リードを奪ったマンチェスター・Cは20分、2本目となるPKを獲得する。再びキッカーを務めたアグエロだったが、今度は豪快なシュートを枠の上に飛ばしてしまった。しかし41分、アグエロが流れの中からゴールネットを揺らしてみせる。左サイドからのノリートのパスをスターリングが落としたところに走り込むと、右足を一閃。ペナルティーエリア左手前から放たれたグラウンダーのシュートがゴール右隅に吸い込まれた。

 前半は2-0で終了。後半に入ってもマンチェスター・Cは攻撃の手を緩めなかった。まずは49分、ケヴィン・デ・ブライネとのパス交換で密集を抜け出したノリートが最終ラインの背後を取る。背番号「9」は相手GKを落ち着いてかわし、無人のゴールへシュートを決めた。

 3点リードを奪い、勝利へ前進したマンチェスター・C。78分にはノリートとアグエロがワンタッチパスを3本連ねる鮮やかな連係を見せる。最後はアグエロがペナルティーエリア右側から右足シュートを突き刺し、スコアを4-0とした。

 そしてゴールラッシュの締めくくりは89分、最終ラインの背後でパスを受けたアグエロがスピードを上げてペナルティーエリアに入り、右足シュート。右ポストの内側を叩いたボールがゴールへ吸い込まれた。20分までに2本のPKを外したアグエロが、41分から3ゴールを奪ってみせた。

 試合は5-0で終了。マンチェスター・Cが敵地で圧勝し、チャンピオンズリーグ本戦出場へ大きく前進した。セカンドレグは24日、マンチェスター・Cのホームで行われる。なおマンチェスター・Cは次戦、20日にプレミアリーグ第2節でストークとのアウェーゲームに臨む。

【スコア】
ステアウア・ブカレスト 0-5 マンチェスター・C

【得点者】
0-1 13分 ダビド・シルバ(マンチェスター・C)
0-2 41分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
0-3 49分 ノリート(マンチェスター・C)
0-4 78分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
0-5 89分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)

SOCCER KING

最終更新:8月17日(水)10時1分

SOCCER KING