ここから本文です

ジダン長男、父親譲りの絶妙アシスト披露…レアルが5発、ベルナベウ杯制覇

SOCCER KING 8月17日(水)14時23分配信

 プレシーズンマッチ「サンティアゴ・ベルナベウ杯」が16日に行われ、レアル・マドリードとスタッド・ランスが対戦した。

 通算37回目の開催となった同大会で、今シーズン初のホームゲームに臨んだレアル・マドリード。リーグ・ドゥ(フランス2部)のスタッド・ランスを迎えた一戦では、新加入のスペイン代表MFマルコ・アセンシオや同FWアルバロ・モラタ、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス、ウェールズ代表MFギャレス・ベイルらが先発メンバーに名を連ねた。

 先制ゴールを決めたのはスタッド・ランスだった。7分、パブロ・チャバリアがペナルティーエリア右手前までドリブルで持ち込み、狙いすました右足シュートをゴール左隅へ決めた。

 ホームで先制を許したレアル・マドリードは4分後に反撃。トニ・クロースの右CKに反応したナチョ・フェルナンデスが打点の高いヘディングシュートをゴール左隅へ決めた。さらに39分にはクロースの左CKからセルヒオ・ラモスがヘディングで逆転ゴール。クロースの高精度セットプレーから2ゴールを挙げ、レアル・マドリードがスコアを2-1とした。

 そして45分、左サイドでボールを持ったマルセロのクロスにモラタが反応。ヘディングシュートをゴール右隅に届けて3点目を記録した。前半は3-1で終了した。

 2点リードで迎えた後半開始時から、ジネディーヌ・ジダン監督はラファエル・ヴァランやイスコ、マリアーノらを投入。しかし48分、スタッド・ランスのレミ・ウダンにゴール前の混戦から左足で押し込まれ、再び1点差となった。

 打ち合いとなった一戦。レアル・マドリードは60分に4点目を記録する。右サイド深くからのグラウンダーのパスを受けたJ・ロドリゲスが左足シュートを放つと、相手GKが弾いたところに自ら詰めてゴールネットを揺らした。

 再び2点リードを奪ったジダン監督は、63分に自身の長男であるエンツォ・ジダンやマテオ・コヴァチッチらをピッチに送り出した。レアル・マドリードは73分に3失点目を喫したが、80分にゴールラッシュを締めくくる。ペナルティーエリア左手前でボールを持ったE・ジダンがドリブルでカットイン。相手DFを引き付けると、身体を軸にしたボールタッチで反転する。右足アウトサイドでのボールを3回つついて前を向くと、スルーパスを供給。最終ラインの背後を取ったマリアーノが決めてチーム5点目を記録した。

 父親を彷彿とさせる巧みなボールタッチからE・ジダンが5点目を演出し、レアル・マドリードのゴールラッシュは終幕を迎えた。試合は5-3で終了。レアル・マドリードが打ち合いを制し、「サンティアゴ・ベルナベウ杯」を制した。

 レアル・マドリードは次戦、21日にリーガ・エスパニョーラ第1節でレアル・ソシエダとアウェーで対戦する。

【スコア】
レアル・マドリード 5-3 スタッド・ランス

【得点者】
0-1 7分 パブロ・チャバリア(スタッド・ランス)
1-1 11分 ナチョ・フェルナンデス(レアル・マドリード)
2-1 39分 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
3-1 45分 アルバロ・モラタ(レアル・マドリード)
3-2 48分 レミ・ウダン(スタッド・ランス)
4-2 60分 ハメス・ロドリゲス(レアル・マドリード)
4-3 73分 グレジョン・キー(スタッド・ランス)
5-3 80分 マリアーノ(レアル・マドリード)

SOCCER KING

最終更新:8月18日(木)11時20分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]