ここから本文です

EL本戦出場を狙うサッスオーロ、ミランからFWマトリを完全移籍で獲得

SOCCER KING 8/17(水) 17:25配信

 サッスオーロは16日、日本代表FW本田圭佑が所属するミランからイタリア人FWアレッサンドロ・マトリを完全移籍で獲得したとクラブ公式サイトで発表した。

 契約の詳細は公表されていないが、イタリアメディア『quotidiano.net』は2年契約で、年俸150万ユーロ(約1億7000万円)だと報じている。

 19日に32歳の誕生日を迎えるマトリはミランの下部組織出身。2007年にカリアリへ移籍し、ユヴェントスを経て、2013年夏にミランへ復帰した。しかし、2014年冬以降はミランからレンタル移籍を繰り返し、フィオレンティーナ、ジェノア、ユヴェントスなどでプレー。昨シーズンはラツィオにレンタルで加入し、セリエAで19試合出場、4得点をマークした。またイタリア代表では7試合に出場し、1ゴールを挙げている。

 なお、サッスオーロは今シーズンすでにヨーロッパリーグ予選3回戦に出場。クラブ史上初となる欧州の舞台でルツェルン(スイス)と対戦し、2試合合計4-1でプレーオフ進出を果たした。本戦出場をかけて、18日に行われるプレーオフ・ファーストレグで、レッドスター・ベオグラード(セルビア)と対戦する。

SOCCER KING

最終更新:8/17(水) 17:25

SOCCER KING