ここから本文です

マンUがフォンテ獲得に本腰へ、ロホとトレードか…アーセナルも関心

SOCCER KING 8/17(水) 17:45配信

 マンチェスター・Uが日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンから、ポルトガル代表DFジョゼ・フォンテを獲得しようと本格的に動いている。16日付けのイギリス紙『デイリーミラー』などが報じた。

 2015-16シーズンのプレミアリーグで37試合に出場し、サウサンプトンの守備を支えたフォンテ。今年6月から7月にかけて開催されたユーロ2016にも出場した同選手は、4試合でプレーし、ポルトガル代表の優勝に貢献している。

 同紙によると、マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がフォンテに対して好印象を持っている模様。移籍金に加え、同クラブに所属するアルゼンチン代表DFマルコス・ロホをサウサンプトンへ放出することで、獲得を実現するつもりのようだ。

 また、フォンテに対してはアーセナルも関心を寄せていることが明らかになった。同クラブはセンターバック陣に負傷者が続出。現在、元ドイツ代表DFペア・メルテザッカーやブラジル代表DFガブリエウが戦線離脱を余儀なくされているほか、フランス代表DFローラン・コシェルニーも2016-17シーズンのリーグ開幕節を欠場した。同試合でアーセナルは4失点を喫しており、守備陣の補強が急務となっている。

 リーグ開幕節をベンチで過ごしたフォンテの去就はどうなるのか。今後の展開に注目が集まる。

SOCCER KING

最終更新:8/17(水) 17:46

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報