ここから本文です

ケーニッグセグ、2台のスーパースポーツを発表

carview! 8/17(水) 13:29配信

ケーニッグセグ オートモーティブは、米カリフォルニア州で開催されるモンテレー カーウィークに、「アゲーラXS」と「レゲーラ」の2台を出展すると明らかにした。

【写真をもっと見る(10枚)】

アゲーラXSは、5リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、最高出力1160hpを発生。車重(油脂類を含む)は、1395kgと軽量に仕上げられており、公道向けモデルのなかでトップレベルのパワーウエイトレシオを誇る。なお同社はこの種の超ド級の性能を持つクルマを"メガカー"と呼び、主にアメリカ市場をターゲットとしている。

外観は、オレンジ色の車体の中央にカーボンストライプが入る。リアには、ケーニッグセグ史上最大の大型専用リアウイングが用意される。ルーフは脱着式の軽量ハードトップを備え、脱着・取り付けともにわずか数分で完了するという。取り外したルーフはフロントストレージの中に収納可能となっている。

もう1台のレゲーラは、2016年のジュネーブショーで初めて市販モデルの姿が披露された新型スポーツカー。すでに生産が開始され、2017年上旬の納車開始が予定されている。

レゲーラのパワートレインは、V8ツインターボエンジンに3モーターを組み合わせたハイブリッド。システム全体の最高出力1500hp、最大トルクは2000Nmを誇る。トランスミッションはシングルギア式の「ケーニッグセグ ダイレクト ドライブ」を組み合わせ、高効率化と軽量化を実現。他のどのクルマとも異なるドライブフィールをもたらすという。

0-300km/h加速は10秒、最高速度である400km/hには、わずか20秒で達するとのこと。

レゲーラの車体の開口部はすべて自動で開く構造となっており、ボンネット、ドア、リアフードはボタンひとつで開けられるようになっている。生産台数は80台に限定される。

株式会社カービュー

最終更新:8/17(水) 13:29

carview!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。