ここから本文です

四電が再稼働した伊方原発3号機の状況を報告

愛媛新聞ONLINE 8月17日(水)22時27分配信

 県伊方原発環境安全管理委員会原子力安全専門部会が17日、松山市であった。四国電力と県が、12日に再稼働した伊方原発3号機の状況を報告。委員からは4月の熊本地震を踏まえ、地震の検証を強化するため県独自の地震計設置を求める意見などが出た。
 愛媛大大学院の森伸一郎准教授(地震工学)は、熊本地震で最大震度7が2回観測された点に触れ、四電の対応を質問。四電は「(熊本地震は)異常に大きな地震動ではなく、即座に伊方に反映する知見はない」とした上で、原発敷地前面の中央構造線断層帯で大きな揺れが連続するケースを検討した結果、耐震安全性に問題はないことを確認したと説明した。

愛媛新聞社

最終更新:8月17日(水)22時27分

愛媛新聞ONLINE

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。