ここから本文です

米住宅着工件数:7月は予想外に増加-集合、一戸建ても伸びる

Bloomberg 8月16日(火)23時57分配信

7月の米住宅着工件数は市場の予想外に増加し、5カ月ぶり高水準となった。

米商務省が16日発表した7月の住宅着工件数(季節調整済み、年率換算、以下同じ)は前月比2.1%増の121万1000戸で、ブルームバーグが実施したエコノミスト調査での予想全てを上回った。市場予想の中央値は118万戸だった。前月は118万6000戸。

TDセキュリティーズの米調査・戦略副責任者、ミラン・ マルレーン氏は「非常に明るい状況だ」とし、「過去数カ月に見られた力強い勢いで、住宅セクターの回復が進んでいることを示唆している」と加えた。

着工件数の先行指標となる住宅着工許可件数はほぼ変わらずの115万件だった。

一戸建ての着工件数は前月比0.5%増の77万戸。集合住宅は5%増えて44万1000戸と、昨年9月以来の高水準。

地域別では全米4地域のうち3地域で増加。南部で3.5%増、中西部は2.3%伸びた。北東部は15.5%増加。一方、西部は5.9%減少した。

統計の詳細は表をご覧ください。原題:Housing Starts in U.S. Climbed to a Five-Month High in July (1)(抜粋)

Patricia Laya

最終更新:8月16日(火)23時57分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]