ここから本文です

ドリームドルチェ&レーザーバレット、NST賞厩舎情報/美浦トレセンニュース

netkeiba.com 8/18(木) 15:03配信

 日曜日の新潟11R、NST賞(OP・ハンデ・ダ1200m)に出走するレーザーバレットとドリームドルチェについて、追い切り後の各調教師のコメント。

■レーザーバレット(牡8・美浦・萩原清)について、萩原調教師。
「前走(北海道スプリントC・JpnIII・5着)から間隔があきますが、追い切りの動きはまずまずでしたし、問題ない状態に仕上がっています。相手関係と57.5キロのハンデが鍵ですが、新潟コースも特に気にならないので頑張ってほしいですね」

■ドリームドルチェ(牡4・美浦・根本康広)について、根本調教師。
「2走前に阪神で1600万の特別(陽春S・6着)を使った時に、着順はあまり良くなかったですが、騎乗した松田大作騎手が、この馬は良くなると話をしていました。前走(岩室温泉特別・1000万下・1着)は、特別戦で減量の恩典がなくても、オーナーが悠太郎(野中)でいいと言ってくれたので、結果を出して本人も嬉しかったと思います。

 今回は思った通りに調整できていて、前回と同じくらい馬の状態は良いです。3勝を挙げている得意の新潟コースですし、52キロのハンデを生かしてどれだけやれるかでしょう。競馬はそんなに甘くはないかもしれませんが、オーナーの期待に応えられるように、悠太郎も頑張ると思いますよ」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:8/18(木) 15:03

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]