ここから本文です

【中国】北京の省エネ家電補助金、対象品目を拡大

NNA 8月18日(木)8時30分配信

 北京市商務委員会は16日、省エネ家電の購入補助金の対象品目に電子レンジ、家庭用ガスコンロ、シャワーヘッドの3種類を加えると発表した。今後は全12種類の省エネ家電に、最高800元(約1万2,100円)の補助金を支給する。
 電子レンジ、家庭用ガスコンロに対する補助額はエネルギー効率の等級を示す「中国能効標識」で最高級の1級の製品で販売価格の13%、2級の製品で8%とした。シャワーヘッドは節水基準を満たし、用水効率の等級が2級以上の製品に対して販売価格の20%を支給する。
 北京市は環境負荷の低い製品の普及促進と消費拡大を図るため、昨年11月から省エネ家電に対する補助金の支給を開始。17日付北京商報によると、6月末までに指定企業で販売された省エネ家電は前年同期比53%増の112万5,000台で、38億5,900万元の消費を喚起している。
 対象品目追加発表の詳細は、北京市商務委のウェブサイト<http://www.bjmbc.gov.cn/nsjg/shchyxch/xxtg/201608/t20160816_70911.html>で確認できる。

最終更新:8月18日(木)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。