ここから本文です

ボーイング、ANAに50機目の787 米エバレットで記念式典

Aviation Wire 8月18日(木)11時48分配信

 ボーイングは現地時間8月17日(日本時間18日)、全日本空輸(ANA/NH)に787-9型機(登録番号JA882A)を米シアトルのエバレット工場で引き渡し、記念式典を開催した。同機はANA向け50機目の787で、記念の特別塗装を施した。同機は18日夜、日本に到着する。787を50機導入するのはANAが初めて。

 ANAが受領したのは国際線仕様の787-9で、座席数は計246席(ビジネス40席、プレミアムエコノミー14席、エコノミー192席)。14機目の787-9となる。同機はNH9397便として、現地時間17日午後5時7分(日本時間18日午前9時7分)にエバレットを出発。18日午後6時すぎに羽田に到着する見込み。

 ANAは2004年4月26日、ローンチカスタマーとして787を50機購入すると決定。7月末時点で標準型の787-8を36機、長胴型の787-9を44機、超長胴型となる787-10を3機の計83機を発注している。787の発注機数としては世界最大で、これまでに787-9を14機のほか、787-8を36機受領している。

 ボーイングは7月末現在、787を計1161機受注している。内訳は787-8が431機、787-9が577機、787-10が153機。納入は計445機で、787-8を309機、787-9を136機引き渡し済み。787-10は2018年の引き渡しを予定し、ANAは2019年度から2020年度にかけて導入する。

 全世界で導入している787のうち、ANA機は11.0%を占める。

Yusuke KOHASE

最終更新:8月18日(木)11時48分

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]