ここから本文です

日本の期待に応えたい 大山志保が“魂を込めて”プレー

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月18日(木)6時7分配信

遠い異国のブラジルで何度も飛び出したガッツポーズ。リオデジャネイロ五輪の女子ゴルフ初日、大山志保は4バーディ、3ボギーの1アンダー「70」で回って19位。「自分の中では100点に近いプレーができた」と破顔した。

やっと私たちの出番!「リオ五輪」女子ゴルフ画像集

1番(パー5)では3Wで打った2打目が大きく右へ飛び出した。2mのボギーパットを沈めるとさっそく力強いガッツポーズを決めたが、PWでピンを攻めた3番は、グリーン奧のバンカーにこぼしてこの日2つめのボギーとした。

「緊張はなかった。ミスは自分のスイングが安定していなかったから」と大山はいう。2つのボギーが先行したが、「私は日本代表で来ているんだから前を向いて!」と自身を鼓舞した。今週の目標は「良くても、悪くても前を向くこと」と決めている。

5番(パー5)ではティショットが右サイドのネイティブエリアまで飛んでいき、砂地に目玉のようになって止まった。「運が悪いかなとも思ったけど、まだまだ4打目で載せればパーも獲れるとポジティブにプレーできた」と、言葉通りにパーを拾ってガッツポーズ。初バーディとした6番(パー3)のティショットで修正のヒントが見つかり「完璧なショットだった」。そこからは流れに乗った。

日本から駆けつけた父・晃さんが、応援メッセージの書かれた日の丸をマントのように羽織ってロープ外から見つめている。「日の丸をみると、日本のために頑張ろうって思う。大袈裟かもしれないけど、魂を込めてプレーした。みなさんの期待、思いに応えたいという気持ちが強いから、頑張れたと思う」。

6番以降は4つのバーディ(1ボギー)で1アンダーまでスコアを伸ばした。「やっとオリンピックの舞台に立てたんだなと。きょうは気持ちいいなーと思いながらプレーをしていた」と最後まで溌剌としたプレーを披露。1オンも狙える16番では、作戦通りに5Uで刻んでバーディ奪取。「迷いはなかった」と判断も冷静だった。

「あしたは、きょう以上のアンダーで回れるように。またイチから全力で頑張りたい」。この日、パットのスコア貢献率は「4.081」で2位以下を大きく引き離して堂々1位。ジャパンのユニフォームに身を包んだ大山が、いつも以上に頼もしく映った。(ブラジル・リオデジャネイロ/今岡涼太)

最終更新:8月18日(木)8時39分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]