ここから本文です

的場文男騎手 “還暦デー”は園田で騎乗!内田博騎手、戸崎騎手らも参戦

netkeiba.com 8月18日(木)15時51分配信

 “大井の帝王”こと的場文男騎手は、還暦を迎える9月7日(水)当日、園田競馬場で騎乗することが決まった。同日に開催される「第25回ゴールデンジョッキーカップ」に騎乗する為で、南関東からは唯一の出場となる。

 同レースは中央・地方問わず2,000勝以上の実績をもつ騎手しか出場できない栄誉ある招待競走で、出場する12名の騎手が計3Rの合計ポイントで優勝を争う。

 他の招待騎手には自身の愛弟子である内田博幸騎手や、大井でしのぎを削った戸崎圭太騎手、的場騎手を尊敬してやまない岩田康誠騎手、川原正一騎手(園田)らがエントリーしており、当日は気心知れた仲間に囲まれながらのレースとなる。

 第6R終了後には、本馬場スタンド中央前にて、出場騎手紹介を行う予定。

■「第25回ゴールデンジョッキーカップ」出場騎手
戸崎圭太騎手(JRA)、内田博幸騎手(JRA)、岩田康誠騎手(JRA)、村上忍騎手(岩手)、的場文男騎手(大井)、東川公則騎手(笠松)、丸野勝虎騎手(名古屋)、赤岡修次騎手(高知)、山口勲騎手(佐賀)、川原正一騎手(園田)、田中学騎手(園田)、木村健騎手(園田)

最終更新:8月19日(金)10時18分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]