ここから本文です

桐谷健太「大切な人を思い浮かべて書いた」初の作詞曲が完成、リリックビデオ解禁

音楽ナタリー 8月18日(木)4時0分配信

桐谷健太の新曲「香音-KANON-」のリリックビデオがYouTubeで公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「香音-KANON-」は桐谷が9月28日にリリースする1stアルバムのタイトルトラックで、彼はこの楽曲で初めて作詞を担当。「周りの大切な人を思い浮かべて書いた歌詞です。皆さんにも共感してもらえると嬉しいなと思います」とコメントしている。作曲は桐谷の高校時代の同級生でもあるサウンドクリエイター・Polar Mと原摩利彦のユニット“Marihiko Hara & Polar M”が担当した。

アルバムにはもう1つの新曲「何か」をはじめ、2015年12月にauのCMソングとして“浦島太郎”名義で配信リリースした島袋優(BEGIN)作曲の「海の声」など全6曲を収録。初回限定盤には「香音-KANON-」「海の声」のミュージックビデオを収めたDVDと、28ページのフォトブックが同梱される。

桐谷健太 コメント
「香音-KANON-」の楽曲制作エピソード
この曲は僕の高校の同級生たちと作りました。こういう風なイメージで書いてほしいという事を友達に頼んで、その友達が楽曲を作って送ってくれて、そしてコレとコレを組み合わせてみようとか、お互い電話とかで話し合いが出来る立場だったので、そこは凄く良かったですし、同級生なので、気兼ねなくお互い意見を言い合えた、というのが大きいですね。あとは、そうですね、この曲が持つ優しさとか、温もりであったり、切なさであったり、「木漏れ日の光」みたいな感じが自分の中にイメージとしてあって、それをこの曲に込めれたらいいなと思い、一緒に曲と歌詞作りに励みました。



アルバムの聴きどころについて
今回はその新曲「香音-KANON-」が入っていまして、その曲は僕の本当の想いもこもっていますし、自分で言うのも何なのですが、凄く最高の作品に仕上がったと思います。そして皆さんも知ってるでしょうか?「海の声」も入っていますし、またもう一つ新曲も、また全然毛色の違ったカッコいい音楽になっています。あとTHE イナズマ戦隊さんと一緒にやらせていただいた「喜びの歌」と「君の旅路に桜が笑う」というゴリゴリのロック系のカッコいい曲も入っているので、色んなカラフルな感触を味わえると思います。本当に自信作になっています。是非アルバム「香音-KANON-」を聴いてください。お願いします!

桐谷健太「香音-KANON-」収録曲
CD
01. 香音-KANON- / 桐谷健太02. 海の声 / 浦島太郎(桐谷健太)03. 何か / 桐谷健太04. 君の旅路に桜が笑う / 河野勇作(桐谷健太)×THEイナズマ戦隊05. 喜びの歌 / 河野勇作(桐谷健太)×THEイナズマ戦隊06. 海の声(Instrumental)

DVD
・「香音-KANON-」ミュージックビデオ・「海の声」ミュージックビデオ

最終更新:8月18日(木)4時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。