ここから本文です

木村拓哉もラジオで解散語る 稲垣ラジオに続き…ハワイで収録か

デイリースポーツ 8月18日(木)5時0分配信

 12月31日に解散することを発表したSMAPの木村拓哉(43)が、19日放送のTOKYO FM「木村拓哉のWhat’s UP SMAP!」(金曜、後11・00)で解散に触れる予定であることが17日、分かった。休暇中のハワイで11日の解散正式決定を迎えた木村は、この日までに帰国していないとみられ、現地で収録することが濃厚。当初から、グループ存続を訴えていた木村の発言に注目が集まる。

 木村が夏休み中のハワイから、解散への思いを届けることになりそうだ。

 関係者によると、14日の発表後、初めて放送される「-What’s UP SMAP!」で解散について触れる可能性が高いという。9日ごろにはハワイ入りした木村は現在も滞在中とみられる。関係者は「今の時代、収録はどこでも」と話しており、19日までに現地で収録した肉声をオンエアすることが濃厚だ。

 8月初めは活動休止で話は進んでいたが、11日に急転。存続を思い描きながら、海外で解散正式決定を迎えた木村の発言は注目される。

 14日の解散発表時には、「本当に無念。25周年のライブもグループ活動も5人揃わなければ何も出来ないので、呑み込むしかないのが現状です。『解散』と言う本当に情けない結果になってしまいました。今は言葉が上手く見つかりません」と悔しさをぶつけるコメントを出していた。

 番組は1995年1月に始まり、リスナーから“キャプテン”と呼ばれ、プライベートトークも繰り広げてきた。1月の解散騒動の際も、木村は「いつか自分の言葉で話せるときが来たら話したい」とメンバーで初めて口を開いていた。

最終更新:8月18日(木)5時0分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。