ここから本文です

『電車でGO!!』シリーズ20周年記念の新線開通

ファミ通.com 8/18(木) 0:02配信

●待望の最新作がアーケードで登場
 タイトーは、週刊ファミ通2016年9月1日号(2016年8月18日発売)にて、アーケードゲーム『電車でGO!!』の最新情報を公開した。以下、記事内容を抜粋してお届けする。

----------

 1997年にデビューした電車運転シミュレーター『電車でGO!』。ゲームセンターでの稼動開始20周年を迎える2017年春、 待望の最新作がアーケードで登場! 本作では“電車運転体験ゲーム”と銘打ち、遊びが進化。“いつもどおりが運転士の誇り”をキーワードに、過去作からさらに踏み込んだ電車の運転士体験が楽しめるのだ。プレイヤーは運転士となり、 実際の鉄道路線で電車を運行。 本作では天候や朝の通勤ラッシュなど実際に起こる状況がゲームで再現される。その変化に対応して、安全、 確実な運行をこなすのが運転士の仕事となる。 本物の電車の運転席をモデルにした大型筐体が気分を盛り上げる!

●スマホゲームも
 アーケード版に加え、電車をモチーフにしたスマートフォン向けゲームアプリ『連結! 電車でGO!!』も配信される(今冬配信予定。iOS/Android対応)。こちらは電車をつないで消していくパズルゲーム。『電車でGO!!』をもっと楽しむための、アーケードとアプリをつなげる連動要素も搭載される予定。詳細は続報を待とう!

※週刊ファミ通2016年9月1日号(2016年8月18日発売)には開発スタッフインタビューも掲載

電車でGO!!
メーカー:タイトー
対応機種:アーケード
発売日:2017年春稼動予定

最終更新:8/18(木) 0:02

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]