ここから本文です

キャセイ、A340を2機退役 16年上期、747-400は10月全退役

Aviation Wire 8月18日(木)21時1分配信

 キャセイパシフィック航空(CPA/CX)は、2016年1-6月期(上期)にエアバスA340-300型機を2機退役させた。2017年末までに全機退役させる。また、10月までにボーイング747-400型機をすべて退役させる。

◆A340-300は5機、747-400は3機

 同社は7月現在、A340-300を5機保有している。このうち1機を2016年7-12月期(下期)に退役させ、残りの4機は2017年末までの退役を予定している。退役したA340は、リサイクルが進められている。

 3機を保有する747-400は現在、羽田、成田、台北と香港を結ぶ路線を中心に投入している。同機での最後の商業運航は10月1日の羽田発香港行きCX543便となる。

 貨物型の747-400Fついては、包括契約によりボーイングに売却。9月までに4機すべてをボーイングに引き渡す。

 ボーイングの発注リストによると、キャセイパシフィック航空は58機の747を導入。1979年7月20日に747-200Bが初めて引き渡された。747-400は旅客型を17機、貨物型を12機受領した。

◆747-8F、14機完納

 747-400の後継機して開発された747-8は、貨物型の747-8Fを14機発注済み。8月に1機を受領し、発注した14機をすべて受領した。747-400Fからの置き換えを進めている。

 また、22機を発注しているA350-900は、同社向け初号機を5月に、2号機を7月に、3号機を8月に受領。年内に計12機を受領する見込み。

Yusuke KOHASE

最終更新:8月18日(木)21時45分

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]