ここから本文です

古川雄輝、刀を使って初の本格時代劇アクションに挑戦! 福士蒼汰主演『曇天に笑う』

cinemacafe.net 8月18日(木)8時0分配信

累計120万部を誇る大ヒットコミックシリーズを原作に福士蒼汰主演で贈る『曇天に笑う』。この度、本作の新たなキャストとして、古川雄輝の出演が決定した。

【画像】古川雄輝『曇天に笑う』キャストビジュアル

物語の舞台は、明治維新後の滋賀県・大津。300年に1度蘇り、人に災いをもたらすという巨大な力を持つ大蛇(オロチ)。大蛇復活の年、その力を阻止するために立ち上がった曇神社を継ぐ曇家(くもうけ)の長男の曇天火、次男の空丸、三男の宙太郎の曇天三兄弟(どんてんさんきょうだい)と、明治政府右大臣・岩倉具視の直属部隊・犲(ヤマイヌ)は、それぞれ違った方法で大蛇の力を再び封印し、日本に平和をもたらそうとしていた。しかし、その力を手に入れ明治政府を転覆させるため動き出した最強の忍者集団・風魔一族の暗躍により、曇天三兄弟の行く手は阻まれてしまう。曇天三兄弟vs犲vs風魔一族…三つ巴、空前絶後の戦いが、いま始まる――!

「曇天に笑う」は、2011年のコミック連載開始からその魅力的なキャラクターたちに10代、20代の女子を中心に熱狂的なファンがつき、2014年にはアニメ化、そして2015年からは舞台化と様々なメディアで人気を博す大ヒットシリーズ。

主演には、本作で時代劇映画に初主演を果たした福士さん。そして監督には『踊る大捜査線』シリーズを始めとする日本映画界きってのヒットメーカー・本広克行が務める。そんな本作の物語の中心となるのは曇天三兄弟。長男・天火役(福士さん)に続き、次男・空丸役を中山優馬、三男の甘えん坊で長男の天火が大好きな宙太郎役には、若山耀人が好演する。

これまで『脳内ポイズンベリー』『ライチ☆光クラブ』など話題作に出演し、今秋公開予定の『L-エル-』にも出演が決定している古川さん。今回古川さんが演じるのは、三兄弟とともに「大蛇」の発見と破壊を目的に結成された右大臣・岩倉具視直属部隊「犲」のチームリーダー・安倍蒼世(あべのそうせい)役。隊長として常に自分に厳しく実直で頑固な性格で、曇天火とは幼なじみではあるが、隊を抜けた天火をまだ許してはいないクールな役どころ。強く美しい出立に、原作ファンにも人気が高いキャラクターだ。

6月にクランクインした本作。古川さんは「良い物ができていると思いますので、原作ファンの方々にも楽しんで頂けると思います」と手応えを感じているよう。また、撮影現場の雰囲気については「同世代の若手の役者さんが多いので、とても楽しい撮影現場です」と語った。さらに、今回は刀を使って初めて本格時代劇アクションに挑む古川さん。とにかくアクションが難しいと話す古川さんは「犲の中でも一番強いキャラクターなので、強く、華麗に蒼世のような動きでアクションをするのが難しかった」とふり返り、「初のアクションなので苦戦していますが、かっこ良く撮れていると思うので楽しみにして頂きたいです」とアピールしていた。

『曇天に笑う』は2017年、全国にて公開予定。

最終更新:8月18日(木)9時54分

cinemacafe.net