ここから本文です

<サイボーグ009>新作の島村ジョー役に河本啓佑 種田梨沙や福圓美里も出演

まんたんウェブ 8/18(木) 13:03配信

 石ノ森章太郎の人気マンガ「サイボーグ009」のフル3DCG新作アニメ「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」で、河本啓佑さんが009/島村ジョー、種田梨沙さんが003/フランソワーズ・アルヌールの声優を務めることが18日、分かった。福圓美里さんが001/イワン・ウイスキー、佐藤拓也さんが002/ジェット・リンク、日野聡さんが004/アルベルト・ハインリヒを演じるほか、乃村健次さん、真殿光昭さん、佐藤せつじさん、石谷春貴さんが出演する。

【写真特集】豪華な声優陣を一挙発表 キャラ画像や声優の写真も

 河本さんは「幅広い世代の皆さまから愛され、歴史を刻んできている作品ですので、今回この作品に関われることを誇りに思います。これまでつないできた想いを裏切らないよう大切に大切に演じさせていただきました!」とコメントを寄せている。

 同作を手がける柿本広大監督は「個性的かつ実力の確かな皆さんの迫真の演技が映像を作るスタッフのイメージを刺激し、素晴らしいカットがいくつもできました。そんな中で、河本さんの演じられた009は、甘い中にも芯の通った強さのある声でリードしてくれ、種田さんの003の優しく、落ち着きのある女性らしい芝居はゼロゼロナンバーサイボーグたちを包み込んでくれました」と話している。

 「サイボーグ009」は、悪の組織ブラックゴースト団によってサイボーグにされた島村ジョーら9人の戦士が、ギルモア博士とともに正義のために戦う姿を描いたマンガ。1964年に「週刊少年キング」(少年画報社)で連載が始まり、「週刊少年サンデー」(小学館)や「月刊少年ジャンプ」(集英社)などで連載された。

 新作は「サイボーグ009」の映像化50周年を記念した作品で、完全オリジナルストーリー。「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズなどの神山健治さんが総監督、「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」などに参加してきた柿本さんが監督を務める。全3章で第1章が11月25日、第2章が12月2日、第3章が12月9日から2週間限定で劇場公開される。

 ◇発表された声優陣(敬称略)

 009/島村ジョー:河本啓佑▽003/フランソワーズ・アルヌール:種田梨沙▽001/イワン・ウイスキー:福圓美里▽002/ジェット・リンク:佐藤拓也▽004/アルベルト・ハインリヒ:日野聡▽005/ジェロニモ・ジュニア:乃村健次▽006/張々湖:真殿光昭▽007/グレート・ブリテン:佐藤せつじ▽008/ピュンマ:石谷春貴

最終更新:8/18(木) 14:14

まんたんウェブ