ここから本文です

【マレーシア】ポケモンGO、REITや電子各社にも恩恵

NNA 8月18日(木)8時30分配信

 シンガポール系証券会社のUOBカイヒエンは、今月6日に配信されたスマートフォンゲーム「ポケモンGO」がマレーシア経済の成長をけん引するとの見方を示した。先に公表した報告書で、ポケモンGOは小売業界だけでなく、不動産投資信託(REIT)や電子機器メーカーなど広範囲で好影響を与えると分析している。17日付スターが伝えた。
 UOBは、REITにとってポケモンGOが追い風となる理由について、ポケモンを捕まえるために多くの客が商業施設を訪問するためと説明。集客拡大による各店舗の収益増で、結果的には賃料の引き上げが可能になると指摘した。各社の中では、特にサンウエーREITが最も大きな利益を享受するとみているようだ。
 さらにUOBは、商業施設に多く入居する「7―11(セブン―イレブン)」などのコンビニエンスストアや飲食店だけでなく、地場イナリ・アメルトロンをはじめとする電子機器メーカーにも好影響が波及すると指摘。理由として「ポケモンGOの流行に伴い、従来型の携帯電話からスマートフォンに変更する動きが加速し、結果的にスマホの部品を供給する電子機器各社の売上増につながるため」と説明した。
 ポケモンGOの持続性については、「一時的なブームとする意見が多いが、息の長い人気を維持するのではないか」と予想している。

最終更新:8月18日(木)8時30分

NNA