ここから本文です

日産の欧州販売0.3%減…キャシュカイ は2万台超え 7月

レスポンス 8月18日(木)8時0分配信

日産自動車の欧州法人、欧州日産は8月15日、7月の欧州市場における新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は5万5773台。前年同月比は0.3%減と、5か月連続で前年実績を下回った。

[写真:日産 ジューク]

7月実績を市場別で見ると、英国が1万1164台を売り上げ、引き続き首位。以下、ドイツが6483台、スペインが6469台、イタリアが4902台、フランスが4594台。

車種別の7月実績では、SUVが販売を牽引。『キャシュカイ』が2万1150台と、引き続き最量販車に。『ジューク』も7347台と支持された。以下、『エクストレイル』が6407台、『マイクラ』(日本名:『マーチ』)が5131台、『ノート』が2700台。

日産の2015 年の欧州市場における新車販売台数は、過去最高の74万8171台。前年比は3.3%増と、2年連続で前年実績を上回った。

日産の2016年1~7月の欧州市場における新車販売台数は、44万0829台となっている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8月18日(木)8時0分

レスポンス

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。