ここから本文です

「℃‐ute」矢島舞美 レスリング女子3人決勝進出に大興奮「うひょーーー」

東スポWeb 8月18日(木)2時45分配信

 日本レスリング協会公認応援ソング「嵐を起こすんだ Exciting Fight!」を歌うハロー!プロジェクトのアイドルグループ「℃‐ute」の矢島舞美(24)が18日未明、グループの公式ブログでリオデジャネイロ五輪レスリング女子メンバーの活躍に大興奮している様子をつづった。

 日本時間17日夜から始まったレスリング女子の競技。日本勢は69キロ級・土性沙羅(21=至学館大)、48キロ級・登坂絵莉(22=東新住建)、そして五輪4連覇を目指す58キロ級・伊調馨(32=ALSOK)が揃って決勝進出を果たした。

「うひょーーー 興奮がさめないーー」と書きだした矢島。メンバーは別々にテレビ観戦しているようで「℃‐uteラインが鳴り止まないくらい、メンバーみんなも大興奮!!!!!!みんなで、実況しながら応援してましたよー」。

 3人揃って決勝進出を果たしたことには「もう、凄すぎて、、、」と言葉にならない様子。続けて「取られても、取り返す!!絶対に離さない!!表情からも、絶対に負けない!という気迫が伝わってきて、本当に本当にかっこよすぎました なのに、勝利の後の笑顔はキュートですし、、、」とつづった。

 決勝は18日早朝に始まる。「もう、なんかこのあと眠れないよね このまま、決勝もみんなで応援しましょー!!!!!!!!」と興奮したまま呼びかけた。

最終更新:8月18日(木)7時21分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。