ここから本文です

ANA、50機目の787羽田到着 記念ロゴ入り国際線仕様機

Aviation Wire 8月18日(木)22時52分配信

 全日本空輸(ANA/NH)の50機目となるボーイング787型機が8月18日夜、羽田空港へ到着した。787を50機受領したのはANAが世界初で、機体前方にはボーイングとANAが共同でデザインした記念ロゴが描かれた。

 ANAを傘下に持つANAホールディングス(9202)は現地時間8月17日(日本時間18日)、50機目の787となる787-9の中距離国際線仕様機(登録番号JA882A)をシアトルで受領。記念式典が開かれた。

 座席数は3クラス246席(ビジネス40席、プレミアムエコノミー14席、エコノミー192席)。長距離国際線仕様の215席(ビジネス48席、プレミアムエコノミー21席、エコノミー146席)と比べ、ビジネスが8席、プレミアムエコノミーが7席減るのに対し、エコノミーは46席増えた。

 主な仕様は従来機と同じだが、エコノミークラスのシートのみ、座面の高さを約5センチ低くした。女性や子供でも足が着くようにし、座り心地を改善したという。

 機体は米シアトルのエバレット工場製で、エンジンは英ロールス・ロイス製トレント1000-D2を採用。14機目の787-9となった。

 ANAは2004年4月26日、ローンチカスタマーとして787を50機購入すると決定。今年7月末時点で標準型の787-8を36機、長胴型の787-9を44機、超長胴型となる787-10を3機の計83機を発注済み。787の発注機数としては世界最多となっている。

 これまでに787-9を14機のほか、787-8を全36機受領。787-8はエバレット工場製が32機、サウスカロライナ州のチャールストン工場製が4機、787-9はエバレット製が10機、チャールストン製が4機となっている。

 18日に羽田へ到着した787-9は、NH9397便としてエバレットを現地時間17日午後4時40分に出発し、午後5時7分に離陸。18日午後6時28分に羽田のC滑走路(RWY34R)へ着陸し、同40分に202番スポットへ到着した。操縦は森日出夫機長と、泉陽介副操縦士が担当した。

 運航開始は8月30日で、初便は羽田午前10時15分発のジャカルタ行きNH855便。その後はしばらく予備機として運用し、9月6日から羽田-シンガポール線と、羽田-香港線に投入する。

 ボーイングは7月末現在、787を1161機受注している。内訳は787-8が431機、787-9が577機、787-10が153機。納入は445機で、787-8を309機、787-9を136機引き渡し済み。787-10は2018年の引き渡しを予定しており、ANAは2019年度から2020年度にかけて導入する。

 全世界で導入している787のうち、ANA機は11.0%を占める。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:8月19日(金)22時41分

Aviation Wire