ここから本文です

古川雄輝、華麗に刀ふるう!実写『曇天に笑う』で安倍蒼世に

シネマトゥデイ 8月18日(木)8時0分配信

 人気若手俳優の古川雄輝が、映画『曇天に笑う』(2017年公開)で安倍蒼世役を務めることが明らかになった。古川は、刀を構え主演の福士蒼汰らと共にド派手なアクションを繰り広げる。

【写真】福士蒼汰も長髪に!

 本作は、唐々煙の同名コミックを『踊る大捜査線』シリーズなどの本広克行監督がメガホンを取り実写化した時代劇アクション。明治維新後の滋賀県・大津を舞台に、300年に1度よみがえっては人々に災いをもたらすという巨大な力を持つ大蛇をめぐり巻き起こる、3人の兄弟、政府の部隊、忍者一族の壮絶な戦いを描く。

 ストーリーの軸となる曇天三兄弟の長男・天火を福士、次男・空丸を中山優馬、甘えん坊の三男・宙太郎を若山耀人が演じる。古川が務めるのは、三兄弟と共に、大蛇の発見と破壊を目的に結成された右大臣・岩倉具視直属部隊“犲(やまいぬ)”の実直なリーダー・安倍蒼世役。常に自分に厳しく頑固な面もある、クールな隊長だ。

 戦う美男子が多く登場する点も本作の見どころ。古川は、「同世代の若手の役者さんが多いので、とても楽しい撮影現場です」と明かす。キャラクターについては、「とにかく強く! かっこ良く! 演じたいと思っています」と意気込むが、苦労した点としてはアクションを挙げ、「犲の中でも一番強いキャラクターなので、強く、華麗に蒼世のような動きでアクションをするのが難しかったです」と語っている。(編集部・小山美咲)

最終更新:8月18日(木)8時0分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。