ここから本文です

真夏のシニア戦に強行出場多数 リオ五輪同行の倉本昌弘も選手として

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8/18(木) 11:34配信

国内シニアツアー「ファンケルクラシック」が19日(金)に静岡県の裾野カンツリー倶楽部で開幕する。昨年は最終日に逃げ切った室田淳が2006、07年に続く大会3勝目を手にした。連覇を狙う室田は月曜(15日)決着となった前週「全米シニアオープン」(オハイオ州)に出場し56位。帰国直後の出場となる。

【画像】尾崎直道が練習ラウンドに使用した、8月29日発表予定の新ドライバー

「全米シニア―」で日本勢最高の18位となった崎山武志、予選落ちに終わった井戸木鴻樹も出場。15日まで現地でプレーしていた室田、崎山は、同日夜発の飛行機に飛び乗れたとしても16日(火)夜以降の帰国となる弾丸日程だ。

また、112年ぶりに五輪種目に復活したリオデジャネイロ五輪ゴルフ競技で強化委員長(五輪ゴルフ競技対策本部)を務めた倉本昌弘も16日にブラジルから帰国したばかり。17日(水)には空港で選手を出迎えて記者会見するなど、過密日程の中でプレーヤーとしての活躍が期待される。

<主な出場予定選手>
井戸木鴻樹、尾崎直道、中嶋常幸、崎山武志、倉本昌弘、芹澤信雄、室田淳、渡辺司、P.マークセン

最終更新:8/21(日) 16:41

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)