ここから本文です

【インドネシア】政府、民間建設向け投資の促進へ刺激策

NNA 8月18日(木)8時30分配信

 インドネシア国家開発企画庁(バペナス)のバンバン長官(前財務相)は16日、国内建設業界の通年目標成長率の達成に向け、民間投資を促す刺激策を実施していく考えを示した。17日付コンタンが伝えた。
 建設業界の通年目標である8.1%成長について、「さまざまな要素によって導き出された数値だ」と説明。その1つが官民によるインフラ開発計画の実施であると指摘した。その上で、「民間からの投資を促す刺激策を打ち出していく」と話した。
 具体的には、政策金利を低く抑えること、通貨を安定させることのほか、許認可の発行過程を単純化すること、建設計画向けの資本や資材を得られやすくすることなどを挙げた。
 バンバン長官は今月、今年の国内総生産(GDP)の実質5.36%成長という目標を達成するために、民間のさらなる投資が必要と強調し、政府がこれまで打ち出した12本の経済政策パッケージに対応して、投資を実行していくよう求めた。

最終更新:8月18日(木)8時30分

NNA