ここから本文です

ついに“終幕”が正式発表された『SMAP×SMAP』

リアルライブ 8月18日(木)13時7分配信

 12月31日での解散を発表したSMAPが5人全員で出演する唯一のレギュラー番組、フジテレビ系「SMAP×SMAP」を制作する、フジテレビと関西テレビが17日、同番組を年内いっぱいで終了させることを正式に発表したことを各メディアが報じている。

 同番組は96年4月15日にスタート。今月15日までの全903回の平均視聴率は18.3%で、歴代最高視聴率は稲垣吾郎が不祥事から復帰した02年1月14日の34.2%。メンバー5人が生出演して分裂・解散騒動を謝罪した今年1月18日の放送は31.2%だった。12月26日の放送で最終回を迎える見込みで、番組は20年9か月の歴史で“終幕”する。

 「現時点で、すでに2、3週先まで収録済みで、次の収録は今月24日、25日に予定されていたが解散が発表され、確執もささやかれるメンバー5人が勢ぞろいするのはかなり難しい。今後は、メンバーそれぞれが司会をつとめる特番や、過去の名場面を振り返るVTRの放送を中心に構成され、看板コーナー・BISTRO SMAPの放送は最終回までに2、3回程度なのでは」(フジテレビ関係者)

 一部スポーツ紙によると、同番組でメンバー5人がファンに対して「感謝の言葉」を話す機会を設けるよう、関係者が説得に動き出すという。

 ただ、5人が納得してテレビカメラの前に立つには、活動に拒絶反応を示す香取慎吾を前向きにさせることや、中居正広が「顔も見たくない」というほど確執が深くなった木村拓哉との関係改善など、クリアすべきハードルは多いが、5人そろって話すことが無理なのであれば、メンバー1人ずつの形をとることもありそうだというのだ。

 いずれにせよ、解散という形で多くのファンを裏切ったことに対する生謝罪の機会が設けられそうだ。

最終更新:8月18日(木)17時50分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。