ここから本文です

日本人男性、“湾生”の父の旧居探しに台湾へ 地元民の協力で願い叶う

中央社フォーカス台湾 8/18(木) 14:00配信

(花蓮 18日 中央社)日本人男性が台湾生まれの“湾生”だった亡き父親の第二の故郷、東部・花蓮を訪れ、地元の人々や警察官の協力によって、無事に父親の旧居にたどり着いた。警察によれば、男性は願いが叶ったことに感動し、目を潤ませていたいう。

この男性の父親は光復(日本統治の終結)後に日本に帰国。その後もずっと「末広」と呼ばれる地方に思いを馳せていたという。そこで、男性は父親の死後、ルーツ探しのために台湾にやって来た。

問題は「末広」という地名が現在のどこにあたるのか。地名を聞いたことのある人はほとんどいなかった。熱心な人の助けを得て、男性は花蓮県警察局玉里分局を訪問。警察官は事情を聞くとすぐに男性を戸籍事務所を連れて行き、データを検索した。すると、末広が現在の玉里鎮大禹里であることが分かった。

その後、地元の里長(町内会長)にも協力を依頼。その案内のもとで、父親の旧居が見つかったという。

(李先鳳/編集:名切千絵)

最終更新:8/18(木) 14:00

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]