ここから本文です

自転車と一緒に鉄道の旅いかが トキ鉄、9月実証実験 直江津-糸魚川間

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 8月18日(木)13時26分配信

 えちごトキめき鉄道(上越市)は、自転車と共に乗車できる「サイクルトレイン」の実証社会実験を9月22日、直江津-糸魚川間で行う。

 自転車を専用バッグに入れるなどせず、そのまま車内に持ち込める。実験は3月の直江津-北新井間に続き2回目。今回は同社や国県などでつくる実行委員会が主催する。運行区間の海沿い約32キロには、旧北陸本線の線路跡地を利用した久比岐自転車道があり、県の担当者は「多くの人にサイクリングを楽しんでほしい」と話している。

 午前8時30分直江津発糸魚川行きと、午前10時30分糸魚川発直江津行きの臨時列車を運行する。上下とも能生駅でのみ途中下車できるが、乗車はできない。

 事前申し込みが必要で、8月26日~9月15日に電話かメールで、上下それぞれ先着36人を受け付ける。参加費は乗車区間の運賃のほか、保険料を含め高校生以上500円、子ども300円の持ち込み料金がかかる。

 申し込み、問い合わせは直江津駅から乗車する場合、県上越地域振興局、025(526)9325。糸魚川駅からの乗車は県糸魚川地域振興局、025(553)1843。

 運行当日には、糸魚川市の道の駅マリンドリーム能生で、レンタサイクルの利用客と自転車での来場客を対象に商品券のプレゼントなどのキャンペーンも行う予定だ。

最終更新:8月18日(木)13時26分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ