ここから本文です

今大会でツアーも3分の2を消化 シード争いの状況は?

ゴルフ情報ALBA.Net 8月18日(木)13時3分配信

<CAT Ladies 事前情報◇17日◇大箱根カントリークラブ(6,704ヤード ・パー72)>

日焼け対策どうしてる?女子プロ“日焼け”ギャラリー

 19日(金)に開幕する国内女子ツアー第23戦「CAT Ladies」で今季の38試合(うちKKT杯バンテリンレディスは中止)のうち約3分の2を消化。いよいよシード争いも佳境に入ってくる。
 

 開幕時はシードを持っていなかった選手で、すでに来季の出場権を手中に収めているのは、福嶋浩子、ささきしょうこ、P・チュティチャイ(タイ)、レクシー・トンプソン(米国)の4人。それぞれ初優勝を挙げて手にした。

 賞金ランキングを見てみると、22位の森田遥、35位のサイ・ペイイン(台湾)、36位の岡山絵里は昨年の50位の賞金額(柏原明日架の17,916,000円)をすでに超えており、このまま順調に行けば初シードを得ることができそうだ。その他、川満陽香理(46位)、辻梨恵(47位)、下川めぐみ(49位)、上原美希(50位)が現在シード圏内の50位以内に入っている。

 逆にシードを持っている選手で50位未満はジョン・ジェウン(韓国)(52位)、黄アルム(韓国)(54位)、イ・ナリ(韓国)(56位)、酒井美紀(57位)、O.サタヤ(タイ)(61位)、前田陽子(65位)、香妻琴乃(66位)、北田瑠衣(72位)、服部真夕(73位)、森田理香子(75位)の10人。複数年シードを持っている選手はおらず(森田理香子の賞金ランク1位の3年シードは今年まで)、来季の出場権はここからの戦い次第となる。

 とはいえ秋口からの戦いは賞金額が高く、また出場選手が限られるため今季のシードを持っている選手は有利ではある。来季のツアーを彩る50人は最終的にどんな顔ぶれになるのだろうか。


(撮影:上山敬太)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月18日(木)13時3分

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]