ここから本文です

SUPER JUNIOR、SHINee、EXO、少女時代ら豪華競演!『SMTOWN LIVE』オフィシャルレポート

M-ON!Press(エムオンプレス) 8/18(木) 14:07配信

8月13・14日の2日間、東京ドームで『SMTOWN LIVE TOUR V IN JAPAN』が行われた。

【詳細】他の写真はこちら

今年で6年連続開催となった『SMTOWN LIVE』は、韓国の大手芸能事務所、S.M.ENTERTAINMENTに所属するアーティストによる、アジア最大級の音楽フェスティバル。今年は7月に行われた京セラドーム大阪公演において2日間で7万人を動員。東京ドームでも2日間、計9万人のファンが豪華なアーティストの共演に酔いしれた。

特に今年の公演で印象的だったのが、オープニングの演出。KANGTA、BoA、SUPER JUNIOR、少女時代、SHINee、EXOといった参加アーティストが、東京ドームのアリーナやステージなど、様々な場所から登場。円形のセンターステージに勢揃いし、ファンとの絆を表現した楽曲「Dear my family」を披露した。これは過去5年間のライブにはなかったこと。『SMTOWN LIVE』は進化し続けている。

その後は『SMTOWN LIVE』の特徴である、ここでしか観られないコラボレーションステージが次々と展開。Hee Chul(SUPER JUNIOR)とJungMo(TRAX)によるトロット「Ulsanbawi」。Seohyun(少女時代)とAmber(f(x))、そしてSeulgi(Red Velvet)が観客を盛り上げた「Bang Bang」。さらに少女時代のSooyeong、Hyoyeon、Yuriは、なんと松浦亜弥の「Yeah! めっちゃホリデー」をカバー。チャイナドレス風の赤、青、黄色の衣装でキュートに歌って踊り、45,000人の大歓声を浴びていた。

また、通常は男性グループ、女性グループと分かれているだけに、レアな男女の組み合わせが観られるのも、このライブのポイント。Chen(EXO)とIrene(Red Velvet)がフロートに乗ってアリーナを走りながら歌ったポップチューン「Lil’Something」。Yesung(SUPER JUNIOR)とWendy(Red Velvet)によるロマンチックな巡り会いのバラード「Spring in me」。Ryewook(SUPER JUNIOR)とLuna(f(x))による壮大なバラード「Beauty and the Beast」にベテランのKANGTAがRed VelvetのWendy、Seulgiと共にしっとりと聴かせてくれた「Doll」。

さらに、今年、日本デビュー15周年を迎えるBoAは「Only One」にダンサーとしてSHINeeのTaeminを迎え、ふたりでダンスするといった具合。すべてのパフォーマンスが素晴らしく、客席も、時にはうっとりと聴き入り、時には笑顔で楽しんでいる様子が見てとれた。

そのうえ今回は様々なアーティストのソロステージも充実。クールなピアノパフォーマンスで始まったHenry(SUPER JUNIOR-M)の「Trap」。ハイトーンが印象的だったJonghyon(SHINee)の「She is」。女性ダンサーを従えて披露されたZhouMi(SUPER JUNIOR-M)の「What’s Your Number」など、グループとは、またひと味違う魅力をアピールした。

7月に1stミニアルバム『さよならひとり』をリリースしたTaemin(SHINee)は、そのタイトル曲を歌って完璧に彼の世界を東京ドームに作り上げ、今年、自身初となる日本全国ソロツアーを成功させたKyuhyun(SUPER JUNIOR)はシャボン玉が飛ぶ演出のなか、ぬくもりを感じる楽曲「Celebration~君に架ける橋~」を優しく歌唱。そして、9月1日から日本全国ソロツアーが決定したYesung(SUPER JUNIOR)は、切ないラブソング「Here I am」を圧巻の歌唱力で歌い上げ、観客を感動させていた。これも、グループとしてだけではなく、一人ひとりが高い実力を擁しているSMTOWNのメンバーだからこそ可能なことだろう。

もちろん、各グループのステージもタップリと披露。1年ぶりにリリースされた新曲「Devil」をパフォーマンスしたSUPERJUNIORや、今年4度目の全国ツアーを行ったSHINee。9月からの全国ツアーが決定したEXOに、根強い人気を誇る少女時代といった、すでに日本での地位を確立した感のあるグループが熱狂的な声援を浴びるのは当然だが、新しく結成されたグループ、NTC U、NCT 127にも大歓声が沸き上がった。実際、独特な世界観を持つ彼らの楽曲と、観る者の視線を引き付けずにはおかないダイナミックなパフォーマンスは45,000人を魅了。今後、注目されることは間違いない。

約4時間にわたって展開された華やかなステージは、オープニング同様、すべてのアーティストがひとつになって歌ったSMTOWNのテーマソング「HOPE」でエンディング。アーティストも観客も誰もが笑顔のラストとなった。

豊富な内容で、訪れた者全員を満足させてくれる『SMTOWN LIVE』。これからも長く開催され続けることになるはずだ。

S.M.ENTERTAINMENT JAPAN OFFICIAL WEBSITE
http://www.smtown.jp/

最終更新:8/18(木) 14:07

M-ON!Press(エムオンプレス)

なぜ今? 首相主導の働き方改革