ここから本文です

(てんでんこ)教訓を未来へ:14 中越

朝日新聞デジタル 8月18日(木)7時30分配信 (有料記事)

 ■災害を伝承する「中越メモリアル回廊」。地域づくりや観光にも役立っていた。
 新潟県中越地震の被災地では、どう教訓を伝えているのか。宮城県の石巻ビジターズ産業ネットワークのメンバーら17人は今年1月、新潟県に向かった。
 迎えたのは、産官学民でつくる公益社団法人「中越防災安全推進機構」の事務局長を務めてきた山口寿道(やまぐちとしみち)(61)ら。機構は2006年に設立され、復興基金を活用して震災の情報収集や教訓伝承、防災教育を担っている。
 04年10月に起きた中越地震は、阪神大震災以来の最大震度7を観測し、関連死を含めて68人が犠牲になった。……本文:1,883文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:8月18日(木)7時30分

朝日新聞デジタル