ここから本文です

日本空港ビルディング、大幅減益…施設修繕費増加 4-6月期決算

レスポンス 8月18日(木)9時32分配信

日本空港ビルディングが発表した2016年4~6月期(第1四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比40.7%減の17億2400万円と大幅減益となった。

[関連写真]

売上高は同1.0%増の488億9600万円と増収だった。航空旅客数は、羽田空港の国内線旅客数が微増で、国内線旅客取扱施設利用料が増収となったほか、羽田空港国際線ターミナルビルでの業務受託収入や広告収入も増加した。

物品販売は、国内線売店売上げは増収となったものの、国際線売店売上げが成田空港、関西空港での中国人を中心とした「爆買い」需要からの反動減で前年を下回った。

収益では、施設の修繕費の増加や空港型市中免税店の営業費用増加、外注費の増加などの影響で、経常利益は同24.0%減の26億9400万円と減益となった。四半期純利益は同25.3%減の18億1600万円となった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月18日(木)9時32分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]