ここから本文です

バルサ、メッシの今季初ゴールなどで戴冠 セビーリャ清武は出場機会なし/スペイン・スーパー杯

ISM 8月18日(木)10時8分配信

 スペイン・スーパーカップは現地時間17日にセカンドレグが行なわれ、バルセロナがホームで清武弘嗣所属のセビーリャに3対0と快勝。2試合合計スコア5対0でタイトルを手にした。

 敵地での初戦を2対0と制していたバルサは、リオ五輪で不在のネイマールの代役に、トゥランを起用。そのトゥランが10分にメッシのパスからネットを揺らして先制。30分頃にはウムティティのハンドでPKを与えるも、GKブラボがイボラのキックを止めてピンチをしのぐ。

 後半に入りバルサは46分にトゥランのミドルシュートでリードを広げると、55分に新加入ディーニェのクロスにメッシが頭で合わせ、今季初ゴールを記録。交代枠を使い切った後の80分にマスチェラーノが負傷退場となり10人でのプレーを余儀なくされたが、そのまま3対0で試合を終えた。

 なお、セビージャの清武はベンチ入りするも出場機会はなし。同チームは前週のUEFAスーパーカップにも出場し、こちらはレアル・マドリーに敗れている。(STATS-AP)

最終更新:8月18日(木)10時8分

ISM